123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-04-29 (Wed)
今日は、不動産にかかる税金のお話です。

不動産を売ったり、買ったり、贈与したり、もらったり、相続したりしたときに色々かかってくる税金。

では、どんな税金を納めないといけないんでしょう。

主に次のようなものがあります。


①不動産を取得したときにかかる税金

不動産取得税 
            都道府県税です。届出期限等は都道府県によって違います。

登録免許税
            登記を申請するときに納める税金です。

印紙税
            売買契約書等に貼ります。

贈与税・相続税
            贈与を受けたり、相続したときにかかります。

消費税
            売買契約書には消費税込みの価格の場合が多いです。(土地にはかかりません)
            媒介手数料や司法書士報酬等にもかかります。


②不動産を保有しているときにかかる税金
 
固定資産税・(都市計画税)
            市町村税です。
            住宅が建っている土地とそうでない土地ではかなり差があります。


③不動産を処分するときにかかる税金

譲渡所得税
            譲渡益について課税される所得税と住民税のことです。長期譲渡所得と短期譲渡所得があり、所有期間(1月1日現在において)が5年以上かそれ未満かによってかなりの差があります。確定申告時期に申告しますが、他の所得とは分離して課税されます(分離課税)。
             ※ 法人が不動産を売却して利益が出た場合、その利益に対して税金は、他の所得と合算されて法人税として納めることになります)

印紙税    
消費税        

個々のケースによって、特例や控除等がありますので、重要なものに関してはまた後日説明させていただきたいと思います。


※※この記事に関しては無断転用を禁じております。by yuttanlove
   but リンクは可です。

ランキングに参加してます。 
バナークリックで応援お願いします(*´▽`*)
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ





スポンサーサイト
| 税金 | COM(3) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。